伝票印刷専門の「伝票工房」

お見積りのご依頼はコチラ

HOME > 伝票種類 > 領収証(オリジナル)

領収証(オリジナル)

領収証

領収証とは代金を支払った方へ代金を受け取った側が発行する金銭の受け取りを証明する書類です。主に現金や小切手等を手渡しで支払う場合、誰が誰にいつお金を払ったのかという証明になります。

オーダーメイド領収証

弊社では領収証のご注文の90%以上がオーダーメイド印刷です。オーダーメイド領収証印刷とは、お客様のお待ちのデータ(IllustratorデータやOfficeデータ)や手書きの原稿をもとに1から領収証をお作りしたり、今お使いの領収証と“そっくり・そのまま”に同じ領収証を作成することです。既製品ではないためご注文の前に事前のお見積もりが必要になります。また、地模様や豪華な装飾のある既製品デザインへの名入れ印刷や弊社のご用意しているサンプルフォーマットからお選びいただいたり、幅広くお客様のご要望に対応しております。多くの領収証印刷の実績がある伝票工房では、さまざまな領収証印刷に対応しています。お気軽にお問合わせください。

  • お持ちのデータから作成
    IllustratorやPhotoshop、ExcelやWordといった各種データ、また、手書きの原稿をお持ちの方は弊社にデータをご入稿ください。
    データ入稿について
  • お使いの原本から“そっくり”に作成
    使い慣れた現在ご使用中の伝票を1部弊社までご郵送ください。原本到着後、担当者よりご連絡させていただきます。
    送付先住所
    〒532-0065
    大阪市淀川区新北野3-9-12


まずはお見積もり!ご注文の流れはご利用ガイドをご覧ください!

ご利用ガイドはこちらから

無料のお見積もりはこちら 電話でのお問い合わせはこちら

オーダーメイドの伝票印刷でできること

サイズ・レイアウト調整が可能

オーダーメイド伝票印刷なので、規格サイズ以外の伝票をご希望の方は、ミリ単位で大きさを指定できます。項目や記載内容もご自由に変更できますので、お好きなレイアウトで印刷が可能。フォントが変わるだけでも見やすさや印象も変わります。また、企業ロゴを入れるとオリジナリティが出るので企業イメージを反映できます。 ロゴがある企業様は是非。

  • サイズを自由に決められる小切手サイズなどが広く一般的ですが、 もっと小さいサイズや大判など、自由です。
  • レイアウト・修正が自由自在既製品には無い会社で使う特殊項目など自由に追加・変更できます。

オプションにも対応

オーダーメイド伝票印刷なので各種オプションにも対応しています。下記以外のオプションにも対応しています。

  • ナンバリング
    社内でのお金の動きが明確になり、紛失や不正防止につながります。
  • 折下敷き
    1冊ずつに下敷きが必要な場合です。切り離し式の下敷きもあります。
  • 印鑑印刷
    あらかじめ赤色(朱色)で印刷しておくことで押印の手間を省くことができます。画像としてPCに取り込みますので、白い紙に何度か押していただいた物を提出いただきます。

その他のオプションについて

データ・原稿送付方法


※必ず仕上がりイメージを見ていただき、レイアウト確認終了後、印刷を開始します。
※当社起因による以外の、校了後の修正・指示漏れにつきましては当社では責任をおいかねますのでご了承ください。

価格例

オプション代や送料が含まれたコミコミ価格です。

2枚複写x50組(1冊あたり)

【サイズ】横194mm×85mm
【数 量】50冊
【刷 色】1P目 黒/2P目 黒・茶(模様)・赤(角印)
【用 紙】1P目ノーカーボンN40(白)
2P目ノーカーボンN80(白)
【製 本】左綴じクロス巻き
【オプション】ナンバリング・切離下敷(ボール紙)
【印刷料】¥43,000-(送料込)1冊あたり@¥860-
※別途データ作成料(初回のみ)¥4,000-
※すべてオーダー商品の為、打合せ後お見積書を提出いたします。


各種オプションについて

名入れ領収証

弊社のオリジナル領収証やメーカーが出している既製品のデザインよりお選びいただけます。少しでも価格を抑えて領収証を作成されたいお客様や高級感のあるデザインをご希望のお客様は、こちらよりお選びください。名入れ領収証について詳しくはこちらから


領収証の種類

領収証にサイズの決まりはなく、小さいものから大判の領収証までお作りすることができます。収入印紙欄は2枚目のみに入れておくと、慣れない担当者が誤って控えに収入印紙を貼るのを防げます。領収証は基本的に納品書などの伝票に比べ、2枚複写の2枚目の厚さを厚くします。

代表的な領収証

【複写式】2枚複写

2枚複写
一般的に使用されている複写タイプの領収証です。1枚目は発行者の控え、2枚目がお客様へお渡しするものになります。2枚目は1枚目より厚めの紙を使うことが多いです。


【複写式】3枚複写

3枚複写
通常の2枚複写の領収証に加えて、経理で使用する「入金伝票」が付いている領収証です。この場合、1枚目は控え、3枚目をお客様へお渡しします。領収証を発行した後、社内用に入金伝票を記入するという手間が省けます。


【単式】1枚(ミシン有り)

左右2ヶ所に金額欄・ミシン有り
左右2箇所に金額、宛名を書く欄があり、左は冊子に閉じられたまま発行者の控えになります。長方形の右側約3/4程度をミシンで切り離し、お客様にお渡しする領収証として使用します。2箇所書く手間はありますが、複写用紙を使用しないため安価で紙の種類も豊富なため、自由度が高い領収証になります。また、ナンバリングを入れる場合は同じ高さに、左右2箇所印字をします。


まずはお見積もり!ご注文の流れはご利用ガイドをご覧ください!

ご利用ガイドはこちらから

無料のお見積もりはこちら 電話でのお問い合わせはこちら


まずはお気軽におといあわせください!