伝票印刷専門の「伝票工房」

お見積りのご依頼はコチラ

HOME > ご利用ガイド > オプション >

ミシン加工

ミシン加工

ミシン加工の種類

一般的な伝票類のミシン加工は、冊子から切り離しやすくする為にミシン目を施す加工のことです。控えを残したい場合、その他のページにミシン目を入れます。また、複写のない単式の伝票類の場合は1枚の伝票を分割する為に利用されます。その他、品名ごとに切り離すことが出来るミシン(多状ミシン)や連続伝票を1セットづつ切り離すためのミシン等、様々な場面で必要な加工です。ミシンはあまり切れ味がよすぎると、印刷、製本過程で切れてしまう恐れがあるため、製造時に問題のない適したミシンをお選びます。

通常ミシン

切り込みが入る長さと、切り込みがない部分の長さの比率のバリエーションがたくさんあります。弊社の伝票で使用するミシンになります。


マイクロミシン

とても細かいミシン目なので滑らかに簡単に切り離すことができます。インクジェット・レーザープリンタ用紙を2分割や3分割するためのミシンとしてよく使用されています。


多状ミシン

1枚の伝票に何本ものミシン目が入っている加工のことです。飲食店の会計伝票で使用されることが多く、品名ごとに1枚ずつ切り離すことができるので、オーダーを受けたメニューを厨房へ渡すことができます。


ジャンプミシン

ミシン目を紙の端まで入れず、途中まで入れることでL字型にしたり、通常ミシンとの組み合わせによりT字型にミシン目を入れることができます。変則ミシンともいいます。